イギリス英語

イギリス英語とは?発音、スペル、単語、文法の特徴を分かりやすく解説!

イギリス英語ってどんな特徴があるの?
アメリカ英語との違いは何?
イギリス英語の訛りにはどんなものがあるの?

イギリス英語について興味関心があっても実際にどんな特徴があるのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

アメリカ英語との違いが分かれば、旅行や留学の行き先を検討するときの決め手にもなりそうですよね。

この記事では、イギリス英語とは何か、その4つの特徴や訛りについてイギリスに9か月間留学した経験のある筆者が分かりやすく解説します。

筆者HARUのプロフィールを見る

学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。

日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。

歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。

イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!

イギリス英語とは

イギリス英語とはその名の通りイギリスで使われている英語のことです。

発音や文法に忠実で、美しい英語とも称されるイギリス英語は、世界各国が集まる会議でも使用されています。

イギリス英語を話す国はイギリスだけではありません。
過去にイギリスの植民地であった国を中心に、世界中のたくさんの国で話されています。

イギリス英語がベース
  • アイルランド
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • インド
  • マレーシア
  • 香港
  • マルタ
  • 南アフリカ
  • 西アフリカなど

一方人口で言うと、現在アメリカ英語を話す人の数は、イギリス英語を話す人の数を超えています。
その理由は第二次世界大戦後、アメリカが世界の経済や文化の中心であったことの結果と言えるでしょう。

英語教育の観点から見ると、日本の英語教育にはアメリカ英語が使用されているのに対し、世界的にはより多くの国がイギリス英語を基本としています。

日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、イギリス英語は世界中で今なお主流となっている英語なのです。

イギリス英語の”4つ”の特徴

イギリス 衛兵
筆者撮影

イギリス英語はこれまでアメリカ英語に多く触れてきた日本人には、意外に感じられる特徴も多く見られます。

筆者もイギリスに留学してすぐの頃、イギリス人の話す英語がなかなか聞き取れなかったり、街の中にある標識のスペルが、知っているものと違うことに驚いたりしました。

イギリス英語とアメリカ英語でどのような違いがあるのか、以下の4つに分けて説明します。

各項目で代表的なものを挙げましたので、是非チェックして下さい。

特徴①:発音

イギリス英語の発音は日本人がカタカナを読むときのように発音する音が多く、理解しやすいのが特徴です。
一度覚えてしまえばアメリカ英語よりも発音しやすいと感じる方も多いかもしれません。

イギリス英語の発音にはたくさんの訛りがありますが、ここではイギリス英語の標準発音である容認発音(Received Pronunciation、以下RP)、中でも現代のModern RPに焦点をあてて、解説します。

実際の音声とともに見ていきましょう。

🇬🇧イギリス英語担当
イギリス英語音声担当 Lolly
  • 名前:Lolly
  • 出身:イギリス
🇺🇸アメリカ英語担当
アメリカ英語音声担当 Jess Fissher
  • 名前:Jess Fisher
  • 出身:アメリカ

 

「t」をしっかり発音する

イギリス英語では「t」をしっかり発音します。
アメリカ英語では「t」が「r」や「d」の音に変化し、「better」が「ベラー」もしくは「ベダー」のようになりますが、イギリス英語では「ベター」と発音するのが一般的です。

🇬🇧イギリス英語:better


🇺🇸アメリカ英語:better

 

「r」が発音されない時がある

イギリス英語では「r」は後に母音が続く場合のみ発音されます。
rの後に子音が続くときや、単語の最後にrが来るときは発音されません。

  • rが発音される単語:rainbow, ring, drive
  • rが発音されない単語:bird, teacher, father

アメリカ英語では「r」はいつも発音されますね。

🇬🇧イギリス英語:teacher

🇺🇸アメリカ英語:teacher

 

「o」の発音は「オ」で良い

イギリス英語では「o」はシンプルに「オ」と発音します。
アメリカ英語では「o」の発音は「ア」の音に近いですね。
例えば「hot」はアメリカ英語だと「ハット」のように聞こえますが、イギリス英語では文字通り「ホット」です。

🇬🇧イギリス英語:hot

🇺🇸アメリカ英語:hot

 

イギリス英語の発音についてもっと詳しく知りたい方はこの記事がオススメです!

特徴②スペル

イギリス英語とアメリカ英語では単語のスペルにも違いがあります。

英語の単語を辞書で調べると、単語によって()と()の2種類のスペルが記載されていることがありますよね。

weblioより

特に語尾のスペルに違いがあるパターンが多いです。その中から代表的なものを3つ紹介します。

イギリス英語「-re」/アメリカ英語「-er」

イギリス英語では語尾が「-re」、アメリカ英語では語尾が「-er」となるパターンは非常に良く見られます。

イギリス英語 アメリカ英語 意味
centre center 中心、中心地
theatre theater 劇場

標識で「街の中心地」は「city centre」と書かれていますし、劇場の看板は「theatre」と記載されているので、旅行に役立つ英語としても知っておきたいですね。

 

 

イギリス英語「-our」/アメリカ英語「-or」

イギリス英語では語尾が「-our」、アメリカ英語では語尾が「-or」となる単語がいくつかあります。

イギリス英語 アメリカ英語 意味
colour color
neighbour neighbor 近所の人、隣人

 

イギリス英語「-ence」/アメリカ英語「-ense」

イギリス英語では語尾が「-ence」、アメリカ英語では語尾が「-ense」となるケースがあります。

イギリス英語 アメリカ英語 意味
offence offense 罪、違反
licence license 認可、許可証

 

特徴③:単語

イギリス英語とアメリカ英語では同じ意味でも単語が全く違うことがあります。
知らないと意味を勘違いしてしまうこともあるでしょう。

例えばフライドポテトはアメリカ英語では「french fries」ですが、イギリス英語では「chips」と言います。
筆者は最初「chips」はポテトチップスのことを言っていると思いました。
イギリス英語でポテトチップスは「crisps」です。

日常英会話で良く使う基本的な単語の違いを表でまとめました。

イギリス英語 アメリカ英語 意味
undergroundまたはtube subway 地下鉄
football soccer サッカー
lift elevator エレベーター
chips french fries フライドポテト
rubbish garbage ごみ
rubber eraser 消しゴム
petrol station gas station ガソリンスタンド
queue line
autumn fall
holiday vacation 休暇

 

 

特徴④:文法

イギリス英語とアメリカ英語の文法の違いは、発音、スペル、単語ほど大きくはありませんが、いくつかの違いがあります。その中から2つの例を紹介します。

イギリス英語は「shall」を良く使う

イギリス英語では「~しましょうか?」と申し出る時は「Shall I~?」を使い、「~しませんか?」と提案する時は「Shall we~?」と言います。

アメリカ英語では自分からの申し出は「Should I~?」「Can I~?」を、相手への提案は「Would you like~?」「How about~?」を使うのが一般的です。

イギリス英語は付加疑問文がつけることが多い

イギリス英語では会話の中で付加疑問文がとても良く使われます。

「It’s a lovely day, isn’t it?」(良いお天気ですね)「You like football, don’t you?」(あなたはサッカーが好きですよね)というように、相手に同意してほしい場面では付加疑問文を付けることが多いです。

アメリカ英語ではイギリス英語ほど付加疑問文は使われず、代わりに「~right?」が使われています。

イギリス英語の訛り

イギリス ビートルズ
筆者撮影

イギリス英語と一言で言ってもたくさんの訛りがあり、話す人の出身地域や、社会階級教育レベルなどによって話す言葉が異なります。

一般的にイギリス英語として海外の英語教育にも使われているのはRPです。
BBCのアナウンサーもRPを話すことで知られており、RPはイギリス英語の標準発音と言えます。

それではRP以外にはどのような訛りがあるのでしょうか。

イギリス国内でもいくつもの訛りがある

イギリスではイギリス国内にも多種多様な訛りがあります。
なぜならイギリスはもともと独立した国であったイングランドウェールズスコットランド北アイルランドの4つの国が1つになった連合王国だからです。

イギリス英語の訛りの中で代表的なものを紹介します。

訛り①:RP

イギリス英語の標準発音です。地方の方言やスラングなどの特色は見られません。伝統的なTraditional RP、現代のModern RP共にクリアな発音が特徴です。

 

訛り②:コックニー

東ロンドンの下町で話される英語の方言です。「th」の音を「f」や「v」のように発音する(southernをサヴァーン)、「l」の音を「w」のように発音する(silkをシゥク)などの特徴があります。

コックニーアクセントについてこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

 

訛り③:エスチュアリー(河口域英語)

ロンドンを中心とするイングランド南部で話される英語で、RPとコック二―両方の特徴を持ちます。「t」の音をあまり発音せず、代わりに喉をつまらせ「ア」に近い発音する(glottal stop)のが特徴的です。(waterをウォーァー

 

訛り④:スコティッシュ

スコットランド地方で話されている方言です。「r」の音を舌を巻きつつ1回だけ短く発音する(Tapped R)などの特徴があります。

 

訛り⑤:ウェルシュ

ウェールズ地方で話されている方言です。母音を長く伸ばして発音する(valleyをバーレー)、「y」の音が省略されることが多い(useをウーズ)などの特徴が見られます。

 

訛り⑥:ヨークシャー

イングランド北部にある地方、ヨークシャーで話されている方言です。単語の最初に来る「h」は発音されない(homeworkをオームワーク)などの特徴があります。

 

訛り⑦:スカウス(リバプール)

イングランド北部の街、リバプールの方言でビートルズの訛りとしても有名です。母音の/ʌ/「ア」の音を「オ」と発音する(shutをショット)などの特徴が見られます。

 

イギリス英語は同じ地方内でも更に細かいエリア、街ごとに独自の訛りが存在しているのです。

訛りから社会階級や教育レベルが分かる

イギリス ビッグベン筆者撮影

イギリス英語ではその訛りから、話す人の社会階級や教育レベルが分かると言われています。
イギリスは階級社会が根強く残っており、階級による言葉遣いの違いが明らかです。

標準発音として知られるRPはもともと上流階級や高等教育を受けた人が話す英語として認識されていました。
RPを話す人はイギリスでは「posh」な(上流階級の、気取った)イメージを持たれています。

一方コックニーはロンドンの労働者階級が話す英語です。
オードリーヘプバーンが主演の映画「マイフェアレディ」でロンドンの下町の花売りのイライザが話していたアクセントはコックニーでした。
ヒギンズ教授によって発音を矯正され、上品なレディに変身するお話はミュージカルでも人気ですね。

現代のイギリス国内で広く話されているのがRPとコックニーの中間的な存在であるエスチュアリーです。エスチュアリーは基本的にはRPに似ていますが、一部コックニーの特徴もあります。

イギリス英語の訛りは日本語の方言とは違い、社会階級や教育レベルと強く結びついていると言えるでしょう。

まとめ

イギリス英語とは何か、イギリス英語の発音スペル単語文法4つの特徴、イギリス英語の訛りについて解説しました。

要点まとめ
  • イギリス英語はイギリスだけでなく、世界中の多くの国で話されている。
  • 発音は日本人には理解しやすく発音しやすい。
  • 語尾のスペルがアメリカ英語とは異なることが多い。
  • アメリカ英語と意味は同じでも単語が全く違うものがたくさんある。
  • 文法的に丁寧な表現を使うことが多い。
  • イギリス国内にもたくさんの訛りがあり、出身地域や社会階級によって発音が違う。

世界中のたくさんの国で話されているイギリス英語。
その特徴を知ることは英語のコミュニケーション力を高めることにつながります。

この記事を読んで、イギリス英語の発音に興味を持った方はこちらの動画をオススメします。
イギリス英語の発音を堪能できますよ!

ABOUT ME
HARU
学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。 日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。 歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。 イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!