イギリス英語

イギリス英語の発音を徹底解説!たった11個の発音であなたもイギリス英語訛りに!

イギリス英語の発音を徹底解説!たった11個の発音であなたもイギリス英語訛りに!
イギリス英語の発音を身につけるには具体的にどうしたらいいの?

イギリス英語の勉強をはじめたものの、発音の習得について迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事ではイギリス英語の発音の具体的な特徴を、こんな風にアメリカ英語との比較を交えながら分かりやすく解説します!

🇬🇧 doctor(医者)


🇺🇸 doctor(医者)

「doctor」という同じ単語でもこんなにもイギリス英語とアメリカ英語ではこんなにも発音が違うんです!

本記事で紹介する11個の子音と母音を意識しながら繰り返し発音することで、ぐっとイギリス英語らしく話せるようになりますよ。

イギリス英語の練習に最適なオンライン英会話も紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

筆者HARUのプロフィールを見る

学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。

日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。

歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。

イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!

イギリス英語とアメリカ英語の違い

イギリス英語とアメリカ英語の違いイギリス英語とアメリカ英語では、発音スペル単語文法などに違いがありますが、その中でも特に大きな違いがあるのが発音です。

イギリス英語の発音にはたくさんの訛りがありますが、この記事ではイギリス英語の標準発音である容認発音(Received Pronunciation、RP)、中でも現代のModern RPに焦点をあてて、解説します。

発音以外の特徴も知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

イギリス英語の子音

イギリス英語の発音で特に重要な子音を以下4つをピックアップしました。単語の例を見ながら確認していきましょう。

🇬🇧イギリス英語の音声担当
Nick Denton コックニーアクセント録音担当
  • 名前:Nick Denton
  • 出身:イギリス
🇺🇸アメリカ英語の音声担当
Glenn Bulthuis アメリカ英語の音声担当
  • 名前:Glenn Bulthuis
  • 出身:アメリカ

 

子音①:Rの音

イギリス英語では/r/は、後に母音が続く場合のみ発音されます。/r/の後に子音が続くときや、単語の最後に/r/が来るときは発音されません。アメリカ英語では/r/は、いつも発音されます。

Rが発音される単語

  • rain(reɪn)
  • great(ɡreɪt)
  • favourite(feɪvərɪt)
🇬🇧 rain(reɪn)

🇺🇸 rain(reɪn)

🇬🇧 great(ɡreɪt)

🇺🇸 great(ɡreɪt)

🇬🇧 favourite(feɪvərət)

🇺🇸 favorite(feɪvərɪt)

 

Rが発音されない単語

  • work(wɜːk)
  • energy(enədʒi)
  • doctor(dɒktə)
🇬🇧 work(wɜːk)

🇺🇸 work(wɝːk)

🇬🇧 energy(enədʒi)

🇺🇸 energy(enɚdʒi)

🇬🇧 doctor(dɒktə)

🇺🇸 doctor(dɑːktɚ)

 

子音②:Tの音

アメリカ英語では母音と母音の間の/t/は、/d/や/r/のように変化して発音されますが、イギリス英語では/t/は、/t/のまま、はっきり発音されるのが一般的です。

アメリカ英語では「better」は/betər/(「べラー」や「べダー」に近い発音)ですが、イギリス英語の発音は/betə/「ベター」となります。

  • better(betə)
🇬🇧 better(betə)

🇺🇸 better(bet̬ɚ)

 

子音③:Lの音

イギリス英語のLの発音は、Light LDark Lの2種類です。Lの後に続く音によって、どちらの種類のLを発音するかが決まります。

Light L(明るいL)

Lの後に母音が続く場合、Lの音は明るくクリアに発音されるのが特徴です。

  • look(lʊk)
  • light(laɪt)
  • lunch(lʌntʃ)
🇬🇧 look(lʊk)

🇺🇸 look(lʊk)

🇬🇧 light(laɪt)

🇺🇸 light(laɪt)

🇬🇧 lunch(lʌntʃ)

🇺🇸 lunch(lʌntʃ)

 

Dark L(暗いL)

Lの後に子音が続く場合や、直後に音が続かない場合、Lの音は」や「」のような暗く曖昧な音になります。

  • help(help)
  • feelfiːl
  • apple(æpl)
🇬🇧 help(help)

🇺🇸 help(help))

🇬🇧 feel(fiːl)

🇺🇸 feel(fiːl)

🇬🇧 apple(æpl)

🇺🇸 apple(æpl)

 

子音④:/j/ の音

アメリカ英語では/t, d, n, s, z, θ, l/の後の/j/は発音されないことが多いですが、イギリス英語では/t, d, n/の後の/j/は発音されるのが一般的です。
アメリカ英語では「new」は、/nuː/「ヌー」と発音されますが、イギリス英語では/njuː/「ニュー」となります。

  • new(njuː)
🇬🇧 new(njuː)

🇺🇸 new(nuː)

 

参考: 「Light L」と「Dark L」って何?イギリス英語のLの発音【簡単ガイド】
アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い (tufs.ac.jp)

イギリス英語の母音

イギリス英語の母音アメリカ英語と発音が異なる母音や、イギリス英語でよく使われる母音を以下7つを紹介します。
それぞれの音の微妙な違いに注目しながら見ていきましょう。

母音①:/æ/ の発音

/æ/ は「エ」が少し入った「」です。

イギリス英語では/æ/ は、「エ」より「ア」にかなり近く音が短めですが、アメリカ英語では「エ」と「ア」の中間くらいの長めの音になります。

  • map(mæp)
  • back(bæk)
  • flat(flæt)
🇬🇧 map(mæp)

🇺🇸 map(mæp)

🇬🇧 back(bæk)

🇺🇸 back(bæk)

🇬🇧 flat(flæt)

🇺🇸 flat(flæt)

 

母音②:/ʌ/ の発音

/ʌ/ は」と「」の間のような音です。(/æ/ との区別に注意)

  • hurry(hʌri)
  • worry(wʌri)
  • courage(kʌrɪdʒ)

アメリカ英語では/ʌ/は、/r/と別の母音が後に続く場合/ɜː/に置き換わります。

🇬🇧 hurry(hʌri)

🇺🇸 hurry(hɜːri)

🇬🇧 worry(wʌri)

🇺🇸 worry(wɜːri)

🇬🇧 courage(kʌrɪdʒ)

🇺🇸 courage(kɜːrɪdʒ)

 

母音③:/ɑː/ の発音

/ɑː/ は「アー」のように長く伸ばして発音します。

  • ask(ɑːsk)
  • carkɑː
  • parkpɑːk

イギリス英語で/ɑː/を含む単語は、アメリカ英語では発音が変わるケースが多いです。

🇬🇧 ask(ɑːsk)

🇺🇸 ask(æsk)

🇬🇧 car(kɑːr)

🇺🇸 car(kɑːr)

🇬🇧 park(pɑːk)

🇺🇸 park(pɑːrk)

 

母音④:/ɒ/ の発音

/ɒ/ は」のように発音します。

  • dog(dɒg)
  • hot(hɒt)
  • not(nɒt)

アメリカ英語にはない音で、アメリカ英語では、/ɒ/ の代わりに/ɑː/が使われるパターンが多いです。

🇬🇧 dog(dɒg)

🇺🇸 dog(dɑːg)

🇬🇧 hot(hɒt)

🇺🇸 hot(hɑːt)

🇬🇧 not(nɒt)

🇺🇸 not(nɑːt)

 

母音⑤:/ə/ の発音

/ə/は「」と「」の間のような弱い音です。英語ではshwa(曖昧母音)と呼ばれます。

  • teacher(tíːtʃə)
  • doctor(dˈɔktə)
  • about(əbaʊt)

イギリス英語で非常に頻繁に登場する母音の音です。単語のアクセントが入っていない箇所や、文の中で強調されない箇所でよく聞かれます。

🇬🇧 teacher(tíːtʃə)

🇺🇸 teacher(tiː.tʃɚ)

🇬🇧 doctor(dˈɔktə)

🇺🇸 doctor(dˈɔktə)

🇬🇧 about(əbaʊt)

🇺🇸 about(əbaʊt)

 

母音⑥:/ɜː/ の発音

/ɜː/ はshwaを強く長く伸ばしたような音です。

  • first(fɜːst)
  • work(wɜːk)
  • hurt(hɜːt)

イギリス英語では/r/の後に母音が続かない限り/r/は発音されませんが、アメリカ英語では/r/も発音されます。

🇬🇧 first(fɜːst)

🇺🇸 first(fɜːrst)

🇬🇧 work(wɜːk)

🇺🇸 work(wɜːrk)

🇬🇧 hurt(hɜːt)

🇺🇸 hurt(hɜːrt)

 

母音⑦:/əʊ/ の発音

/əʊ/ は二重母音で2つの音を組み合わせた母音で、shwa(「ア」と「ウ」の間のような弱い音)から「」に変化する音です。

  • go(gəʊ)
  • no(nəʊ)
  • don’t(dəʊnt)

アメリカ英語ではこの音は//「オウ」のように発音されます。

🇬🇧 go(gəʊ)

🇺🇸 go(goʊ)

🇬🇧 no(nəʊ)

🇺🇸 no(noʊ)

🇬🇧 don’t(dəʊnt)

🇺🇸 don’t(doʊnt)

 

参考: イギリス英語の発音に重要な7つの母音English Pronunciation – British Vowel Sounds /ʌ/ & /ɜː/ – American Differences, Minimal Pairs

安く手軽にイギリス英語を練習したいならオンライン英会話がおすすめ

イギリス英語を実際に話してみたい!
上手に話せるようになりたい!

そう思われた方にはオンライン英会話がおすすめ。
オンライン英会話なら、料金も安く、ご自宅で手軽にイギリス英語の練習ができます。

筆者が実際に体験レッスンを受けて良かったオンライン英会話を3社ご紹介。あなたの学習目的やライフスタイルに合った1社を見つけてくださいね。

オンライン英会話①:Native Camp

ネイティブキャンプ

定額料金でレッスン回数制限なしのネイティブキャンプ。とにかく空いた時間にたくさん話したい方におすすめ!

月額料金

6,480円(ネイティブ受け放題オプション9,800円)

特徴

  • フィリピン人など非ネイティブの講師のレッスンは月6,480円で受け放題。
    イギリス人の講師とのレッスンを受けるための方法は以下の2つ。
  1. ネイティブ受け放題オプションをつけて、今すぐレッスンを受ける。
  2. コイン(別途購入)を使ってイギリス人講師のレッスンを予約する。
  • 「イギリス英語発音」という教材がある。

体験レッスン

  • 7日間無料。
  • ネイティブ受け放題オプションも同時にお試し可能。
  • 新規登録でレッスン予約に使えるコインが500コイン付与される。

対象

  • 初級〜上級レベル

期待できる効果

  • 受け放題オプションでたくさんレッスンを受けることで確かな会話力や語彙力アップにつながる。

 

\7日間無料でレッスン受け放題/

 

オンライン英会話②:Cambly

cambly(キャンブリー)イギリス英語

講師は全員ネイティブのcambly。話したいレッスン時間の分だけ購入できます。

月額料金

  • レッスン時間、回数、学習期間により変動。時間は15分〜60分、回数は週1日〜7日で設定可能。
    1. 15分×週1日:3,790円(年払い2,464円)
    2. 30分×週3日:17,290円(年払い11,239円)
  • 全36パターンの料金プランはこちら

特徴

  • 講師は全員ネイティブスピーカー
  • 待機中の講師といつでもレッスン可能
  • 予約レッスンに追加料金不要
  • レッスンの録画機能があり、復習に最適

体験レッスン

  • 1回15分無料

対象

  • 中級〜上級レベル

期待できる効果

  • イギリス人講師のレッスンをいつでも受講でき、録画動画で復習も可能なことからリスニング力、会話力の向上が見込める。

 

\15分の無料体験レッスン可能/

 

オンライン英会話③:ELT英会話

ELT英会話 イギリス英語質の高いレッスンが魅力のELT。同じ講師のレッスンを継続して受けるスタイルです。

月額料金

  • レッスン回数により異なる
    1. 50分×月2回:14,300円
    2. 50分×月4回:26,400円
    3. 50分×月8回:51,040円
    4. 50分×月12回:72,600円

特徴

  • 全員イギリス人ネイティブ講師。有名大学の資格保有者多数。
  • 同じ講師による継続した質の高いレッスン。
  • レッスンの曜日・時間は固定。
  • 学習目的や現在の英語レベルに合わせたオーダーメイドの授業内容。

体験レッスン

  • 1回1,480円。ネイティブ講師のレッスン30分+日本人スタッフのカウンセリング及びシステムの説明20分。

対象

  • 中級~上級レベル

期待できる効果

  • 質の高い丁寧な指導により、正しい発音、文法、英語表現が身につく。

 

\1,480円でレッスン30分+カウンセリング20分/

 

まとめ

イギリス英語とアメリカ英語の違いや、特徴的な子音と母音の発音について解説し、実際の練習におすすめのオンライン英会話を3社紹介しました。

11個の子音と母音を意識しながら繰り返し発音することで、ぐっとイギリス英語らしく話せるようになります。

イギリス人講師との会話で実践してみたいと思われた方は、ぜひ今回ご紹介したオンライン英会話の体験レッスンを受けてみてくださいね!

ABOUT ME
HARU
学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。 日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。 歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。 イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!