イギリス英語

イギリス英語の魅力!なぜかカッコいい3つの理由

なぜイギリス英語はカッコいい?3つの理由をわかりやすく解説

イギリスの映画やドラマに出演するイギリス人俳優、女優の発音を聞いて「カッコいい」と感じたことはありませんか?

イギリス英語の上品な響きに憧れがある方も多いのではないでしょうか?

筆者も「イギリス英語ってなんとなくカッコいい。」と感じたことが、イギリスに留学することを決めた理由のひとつでした。

「イギリス英語はカッコいいと感じるけど、そもそもなぜカッコいいんだろう?」

このように疑問に思う方もいるかもしれません。

この記事では、イギリスに9ヶ月間留学した経験のある筆者が、なぜイギリス英語はカッコいいのかイギリス英語の世界的なイメージイギリス英語特有のアクセント・単語・フレーズなどについて詳しく解説します。

筆者HARUのプロフィールを見る

学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。

日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。

歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。

イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!

なぜイギリス英語はカッコいい?

なぜイギリス英語はカッコいい?イギリス英語はカッコいいイメージがあることから、日本でも学ぶ人が増えてきています。

なぜイギリス英語はカッコいいと感じるのでしょうか?

カッコいいと言われる3つの理由や、イギリス英語の世界的なイメージ、アメリカ人はイギリス英語をどう思っているのかについて紹介します。

カッコいい理由①:発音がきれい

イギリス英語は単語によってR」を発音しない、「T」をスペルどおり「T」と発音するなど、アメリカ英語とは違う特徴があります。

きれいで上品な発音であることから、憧れをもつ方が多いです。

▼Tをスペル通り発音する例(better)

🇬🇧 better(betə)


🇺🇸 better(bet̬ɚ)

 

カッコいい理由②:文法的に正しい英語

イギリス英語はテキスト通り正しい文法で話すことが多く、聞き手にフォーマルな印象を与えます。

一方アメリカ英語は文法的に簡略化されていることが多いので、よりカジュアルな英語というイメージです。

カッコいい理由③:イギリスは英語の本場

イギリスは英語発祥の地であり、本場です。

英語はイギリスで生まれ、世界中に広がりました。

イギリス英語には長い歴史と伝統があることから、正統派の英語だと言われています。

イギリス英語の世界的なイメージ

イギリス英語は世界からはどのようなイメージを持たれているのでしょうか。

2020年にTime Out紙が30カ国、37,000人以上に行った調査によると、イギリス英語は世界で最もセクシーなアクセントという結果になりました。

どのアクセントを最もセクシーだと思いますか?」という問いに対して、25%もの人が「British Accent」と回答したのです。

スウェーデン、中国、インド、アメリカでトップになっており、世界的に人気を集めているのがわかります。

参考:Revealed: British accents are the world’s sexiest

イギリス英語はアメリカ人にとってもカッコいい

イギリス英語のアクセントはネイティブスピーカーであるアメリカ人から見てもカッコいい印象を持たれています。

Preply社が1,000人のアメリカ人に行った調査で、イギリス英語は「魅力的」「セクシーな」「信頼がおける」「知的な」アクセント全てのカテゴリでトップという圧倒的な人気を示す結果となりました。

Ranked: British accents are the sexiest foreign accentRanked: British accents are the sexiest foreign accent

イギリス英語を勉強することはアメリカ人を含む、世界中の人とのコミュニケーションにプラスの影響があると言えるでしょう。

参考:Ranked: British accents are the sexiest foreign accent

イギリス英語にはいろいろなアクセントがある

コッツウォルズの町イギリス英語」と一言で言っても、イギリス国内には地域や話す人によってさまざまなアクセントがあります。

イギリス国内を旅行すると、少し移動しただけで全く違うアクセントで話されていることも珍しくありません。

海外での英語教育や国営放送のBBCなどで主に話されている英語は、イギリスの標準英語とされている容認発音(Received Pronunciation、以下RP)ですが、近年の調査によると、イギリス国内でRPを話す人は全体の3%程度にとどまると言われています。

全体的にはその他の地方訛りの英語を話している人が大多数です。

コックニーエスチュアリースコティッシュウェルシュなど、地域や細かいエリアごとに多種多様なアクセントがあります。

イギリス国内のアクセント、訛りについては以下の記事で詳しく紹介しています。

イギリス英語の特徴とは?発音、スペル、単語、文法を分かりやすく解説!イギリス英語とは何か、発音、スペル、単語、文法の4つの特徴を、アメリカ英語との比較も交えながら分かりやすく解説します。またイギリス英語の訛りについてや、訛りと社会的階級や教育レベルとの結びつきについても説明します。...

イギリス英語のアクセントから社会階級、教育レベルが分かる

イギリス英語のアクセントは日本の方言とは違い、そのアクセントから社会階級、教育レベルが分かると言われています。

RPは英国国内では上流階級や、教養のある人に話されているアクセントです。
ロイヤルファミリーや貴族、オックスフォードやケンブリッジ大学出身者などが話す、上品なアクセントとして知られています。

東ロンドンを中心に話されているコックニーアクセントはもともと労働者階級のアクセントです。

労働者階級とはタクシーの運転手やマーケットの売り手など、低賃金かつ肉体労働の仕事をしている人達のことを言います。

コックニーアクセントについては以下の記事をご覧ください。

『音声付き』コックニーとは?アクセントの特徴や歴史をネイティブの音声付きで解説
コックニーアクセントとは?特徴や歴史をネイティブの音声付きで解説コックニーとは何か?発音の特徴やライミングスラングについてネイティブの音声付きで解説!コックニーの文法と標準英語の文法の違いや、コックニーアクセントの歴史についても分かりやすく説明します。...

イギリス英語のカッコいい単語

イギリス英語のカッコいい単語イギリス英語には、イギリス英語特有の、カッコいい単語がたくさんあります。
代表的なものを紹介します。

  • Oi】:人の注意を引くときの言葉
    Oi Mike, do you want to eat out tonight?(おい、マイク。今夜外食しようか?)

 

  • Bloddy】:とても
    Bloody delicious!(とても美味しい!)

 

  • Blimey】:わあ!びっくり!
    We walked all the way to London. ー Blimey!
    (私たちはロンドンまでずっと歩いたんだ。ー わあ!)

 

  • innit】:だよね(isn’t itの省略形だが、isn’t it以外の付加疑問文の代わりにも使われる)
    Rome is an amazing city, innit?(ローマは素晴らしい街だよね。)

 

  • Lovely】:素晴らしい、素敵、美しい(天気、食事、人など、さまざまなものに対する褒め言葉として広く使われる)
    Thank you for a lovely dinner.(素晴らしい夕飯をありがとう。)

 

  • Alright】:やあ!(How are you?のように軽い挨拶として使われる)
    You alright?(やあ元気?)

 

どれもイギリス英語の日常会話で非常によく出てくる単語です。

会話のはじめの「Alright?」は大丈夫か心配されているわけではなく、軽い挨拶なので「Yeah, good!」などと返答すればOKです。

イギリス英語のカッコいいフレーズ

イギリス英語らしい、カッコいいフレーズの中から有名なものを厳選して紹介します。

  • Fancy a cuppa】:お茶でもどう?
    Fancy a cuppa? ー Yes, please. (お茶でもどう? ー はい、お願いします。)

 

  • I’m knackered.】:くたくたに疲れた
    It’s been a very long day today. I’m knackered.(今日は長い一日だった。くたくたに疲れたよ。

 

  • I’m pissed.】:(酒で)酔った
    Call a taxi for her. She is so pissed.(彼女にタクシーを呼ぼう。とても酔っ払っている。)

 

  • That’s rubbish!】:そんなことはない!うそ!(相手の意見に強く反対するとき)
    Green peppers are so difficult to grow. ー That’s rubbish! They are easy to grow!
    (ピーマンはすごく育てにくいよね。ー そんなことはない!育てやすいよ!)

 

  • go off】:(食品が)悪くなる、腐る
    The milk has gone off.(牛乳が悪くなってしまった。)

 

  • do a runner】:急いで去る、ずらかる(困難な状況から逃げたり、支払いから逃れるため)
    He’s done a runner.(彼はとんずらした。)

 

カジュアルな場面で使われる表現が多いですが、ネイティブがよく使うので意味を知っておくと良いでしょう。

I’m pissed.」はイギリス英語では「酔った」という意味で使われることが多いですが、アメリカ英語では「怒った」という意味で使われることが多いフレーズです。

イギリス英語のカッコいいフレーズをもっと知りたい!という方はこちらの動画をご覧ください。

イギリス英語が学べるおすすめのオンライン英会話

イギリス英語が学べるおすすめのオンライン英会話イギリス人と実際に話してみたい。」「イギリス英語を本格的に学びたい。」という方には、通学型スクールよりも、比較的安い予算で利用できるオンライン英会話がおすすめです。

ELT英会話では、有資格のネイティブ講師による質の高いレッスンが、オンラインで受けられます。レッスンは毎週同じ講師による担任制。

一人ひとりの学習目的や英語レベルに合わせたオーダーメイドのレッスンを継続して受けられるのが魅力です。

ELTの公式HPはこちら

イギリス英語が学べるおすすめのオンライン英会話について、以下の記事で詳しく紹介しています。

イギリス英語を学びたい方のためのオンライン英会話スクール5選
【2024年2月最新】イギリス英語を学ぶならココ!おすすめのオンライン英会話スクール5選イギリス英語を学びたい方におすすめのオンライン英会話5校について、体験レッスンを受けてみて感じたおすすめポイント・注意点などを詳しく紹介します。 ...

まとめ

今回はなぜイギリス英語はカッコいいのか、イギリス英語のいろいろなアクセント、イギリス英語特有の単語やフレーズ、イギリス英語が学べる英会話などについて解説しました。

この記事のまとめ
  • イギリス英語がカッコいい3つの理由
    ①発音がきれい ②文法的に正しい英語 ③イギリスは英語の本場
  • イギリス英語は世界で最もセクシーなアクセント
  • イギリス英語はアメリカ人にとっても魅力的
  • イギリス英語にはいろいろなアクセントがある
  • イギリス英語のアクセントから、社会階級、教育レベルが分かる
  • イギリス英語のカッコいい単語の例
  • イギリス英語のカッコいいフレーズの例
  • Camblyはイギリス英語が学べるおすすめのオンライン英会話

この記事を読んで、カッコいいイギリス英語をもっと学びたい!と思われた方は、オンライン英会話やイギリス英語が学べるYouTubeなどで勉強してみてはいかがでしょうか?

イギリス英語の手帖のYouTube では、基本単語をイギリス人ネイティブの音声付きで学べる、聞き流し動画を配信しています。

イギリス英語の発音を堪能してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ABOUT ME
HARU
学生時代に大学を1年休学し、イギリスに9ヶ月間留学。日中は現地の小中学校で日本語教師のアシスタントを務めながら、公立カレッジの夜間コースでイギリス英語を学んだ。歴史的な建造物、緑豊かな公園、近代的なビルやお店が一体となった、ロンドンの独特の雰囲気が好き。イギリスに行くなら、博物館や美術館巡り、ミュージカル鑑賞を楽しむのがおすすめ!